婚約指輪の大切な役割

今回のお話は“婚約指輪の役割”についてです。古代から男女間での契りの印として用いられてきた婚約指輪は、時代が変っても気持を伝える大切なツールである事は変わりません。代表的な宝飾品はダイヤモンドですが、誕生石を埋め込むカップルもいますし、ずっと長く使えるようにとエタニティリングを選択するカップルもいます。

 

セミオーダー・オーダー・フルオーダー・お手製と事情に合わせて作成ができますから、従来と比較するとぐんと求めやすくなっています。種類も豊富ですから選ぶ楽しみもあります。使用する期間が短く日常使いとは通常ならない事から、よりゴージャスでおしゃれなデザインが多くなるのも特徴の1つです。その分だけ結婚指輪よりも若干高めになりますから、結納に合わせて余裕を持って準備していかなければならないのは手間に感じる事もあるのですが、贈られてうれしいと感じる女性は多いですから男性のみなさん、がんばって用意してください。

 

関連資料【婚約指輪(エンゲージリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町のダイヤ・ルース・ジュエリー

 

女性と比べて指輪をずっと装着し続ける機会が少ない男性からみると、婚約指輪と結婚指輪の違いがいまいちよくわからないという事や、そもそも婚約指輪はなんのためにあるのかなど疑問に思う事が様々あります。プロポーズで使うのは婚約指輪ですが、結婚指輪は挙式当日の指輪交換で使います。いずれも必要とする時が決まっていて、役割がすめば必要でなくなるものです。そうした事から日本では特に新生活の始まりと同時に引き出しの奥にしまい込まれてしまう事もしばしばです。ずっとはめたままでいられたらいいのにとも考えてしまいます。